fc2ブログ
2022-05-21(Sat)

愛知川上流  茶屋川~古語録谷

5月16日、20日とそれぞれ御池川上流と茶屋川、古語録谷に行ってきました。
それぞれ赤い線の辺り(釣り場案内は愛知川上流漁協さんより拝借しました。)


etigawa040520.jpg


御池川上流 長瀬橋付近

入川口
220516_062909.jpg

愛知川上流には愛知川本流、御池川、茶屋川、神崎川の三つの支流が
あるのですが、どの支流も水が澄んでいてとてもキレイです。

220516_064314.jpg
220516_075727.jpg

ダイワのテンカラ竿のほかにサブロッドとして3.6mを購入しました。

220514_170004.jpg


支流では結構 上も横も開けているところが多いので、3.6mくらいあった方が
いいですね。
価格も安いですしあちこち引っ掛けたりしますので、慣れるまではこちらの方が
安心して練習できます。

プロックス 剣峰テンカラ3.6



渓流に入るには、ウェーダーは必需品。

これまで シーバス用に使っていたウェーダーは海で波もあることからハイチェストで
したので、ウエストハイのウェーダーを購入しました。

220503_092152.jpg

苔で滑らないようにフェルト底で、

220503_092458.jpg

中はメッシュになっています。

220503_092714.jpg

価格もお値打ちですし当面これで十分かな~って思っています。



使用感はまずまず、ムレムレになることもなくメッシュのおかげで履いたり脱いだり
も楽です。
ただ、靴底が薄いのか結構、石のゴツゴツ感がありますので薄い靴下の上にネオプレン製
ソックスを履いています。

220516_115554.jpg

魚が釣れた時に持ち帰り用の魚籠ですが、お値打ちなプロマリンのビククーラーを
購入しました。

腰ベルトにつけて
220430_132503.jpg

中はこんな感じで箱の部分は取り外しが出来ます。
220430_132530.jpg

一度持って行ったのですが、かさ張るわ、重いわ、魚は釣れないわで失敗しました。
今はベルモントさんのフィッシュバックを丸めて腰ベルトに付けています。
なんでも水にぬらして気化熱でクーリング効果があるらしいです。
とても軽くてコンパクトです。
2~3匹持ち帰る程度ならこれで十分ですね。

220513_125830.jpg

丸めると小さくかさ張りませんね。

220513_125958.jpg





5月20日は愛知川支流の茶屋川から少し入った古語録谷の方に向かって入渓
しました。

沢に降りる場所を探しながら林道を歩いてゆきます。

220520_134509.jpg


220520_134805.jpg

220520_142144.jpg

#12番の逆さ毛ばり
少し沈めて、誘ってみたり。

全く魚からの反応はないですけど・・・。

220516_083410.jpg

一つ目の堰。
右岸横から巻き上がって、

220520_143252.jpg

河原で遅めの昼ご飯。

220520_150930.jpg

焼きそばUFOとおにぎり。

220520_150838.jpg

少しずつキャンプ用の調理器具も増やしながら ご飯を炊いてみたり、
ハムやウインナー、目玉焼きやらステーキを焼いてみたり・・・と釣り以外にも
色々楽しみながらやってゆきたいですね。


お昼ご飯を食べて少し釣り上がっての帰り道は林道をトコトコ。


220520_155118.jpg

相変わらず魚を見ることもありませんでしたが、また行きたくなる・・・
新緑と川のせせらぎ、澄んだ空気感・・。
渓流にはなんか不思議な魅力がいっぱいですね。

古語録谷もまだ、三分の一くらいしか入っていませんし、ほかにもいろんな谷が
あり、ボチボチ探索してゆきたいと思います。

アマゴやイワナが釣れるのはいつのことやらですね。



テンカラ釣りランキング

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2022-05-12(Thu)

滋賀県愛知川上流下見と入川券(年券)購入

ゴールデンウイーク明けに滋賀県の愛知川上流に下見に行って
来ました。

いつでも行けるように漁協で年券を購入。
一日券は2000円、年券は6000円。
3月1日から9月30日まででそれ以外は禁漁になります。

年券と言っても実質半年、まだ雪の多い三月や雪が残る4月の初旬、
6月の梅雨の時期などを除けば実際渓流で釣りをするのは4か月程度
でしょうかね。

愛知川上流漁協

220510_060824.jpg


愛知川の支流、御池川や茶屋川などウェーダーの履き心地や川、水の感触、
道路や所要時間など初めての場所なので事前調査ですね。


ただ入川しやすい場所などいくつか見てきましたが、魚の姿はまったく見当たりませんでした。

5月27日(金)に放流予定だそうですのでその後に行った方がいいのかなぁ~。。

220510_094711.jpg

220510_123029.jpg


河原でカレーヌードルを食べてこの日は撤収です。

自然の風、川のせせらぎ、柔らかな木漏れ日、ただのカレーヌードルも
違った場所で食べると美味しいものですね(ただ、お腹が減っていただけなのですが)

また、メスティンとポケットストーブに固形燃料でで缶詰飯を炊いたりもしてみたいです。
のんびりと過ごす時間、慌ただしさから少し離れて、河原でコーヒーを沸かして飲むのも
いいですね。


220510_123924.jpg


私は三重県の北部なので、石榑トンネルで行けば片道30分程度ですので
思い立ったらいつでも行けそうです。

次回は初テンカラ釣り、追々小道具などもご紹介してゆきます。


テンカラ釣りランキング

にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村




2022-05-03(Tue)

渓流釣り・・・テンカラ 道具

ゴールデンウイーク前に注文しておいた道具類がぼちぼち入って
きました。

初めての渓流釣り、テンカラ釣りに必要なものを自分なりに調べてみました。
まずはここからですね。

テンカラ竿

220430_132803.jpg

ダイワのテンカラロッドの入門版 テンカラRT33
渓流域では3.0~3.6m辺りが使いやすいとのことで中間の3.3m。
長さも短いほど携帯に便利で仕舞い込み寸法41cm、重さ82グラム。



ライン


テンカラ用のラインには、テーパーライン、レベルライン、ストレートラインの
三種類出ているそうで、テーパーラインが一番重く初心者でも毛ばりを飛ばし
やすく巻き癖も少ないそうですが、長さがそれぞれ決まっていて竿の長さに
応じた長さのラインを購入する必要があるそうで、割高のようですね。

レベルラインは均一のフロロカーボンラインで一般的に3.0号~4.5号辺りを
使うようです。
30m巻きとかで売っていて、好きな長さで切って使えますから経済的と言えば
そうなのかもしれませんが、テーパーラインよりも軽く巻き癖が付きやすいとの
ことで慣れるまではテーパーラインラインのほうがよさそうですね。

ストレートラインはあまり普及していないようで、テーパーラインとレベルライン
の中間的存在らしいです。

とりあえずテーパーラインをメインにして、枝に引っ掛けたりしてダメになった時の
応急用にレベルラインも持って行こうかと思います。

渓流は枝や障害物が多いところだそうですので初めのうちは3mで始めようかと。

220502_105433.jpg






ハリス

ハリスはフロロカーボンとナイロンの二種類でテンカラではフロロは
毛ばりを沈めたいとき、ナイロンは浮かせて使いたいときと使い分ける
ようです。
私はフロロ一択で。

ヘラブナやチヌ用のハリスも残っているのでそちらを使ってもいいかもですね。
一応購入してみました。


レベルラインとハリス
220430_132911.jpg






毛ばり

毛ばりはフライフッシング用の毛ばりとテンカラ用の毛ばりとあるようで
自作もされている方も多いようですが、私はひとまずAmazonで適当に
購入してみました。

220503_112313.jpg



一般的に#12番から#14番辺りを使うらしく、春から秋まで通して使用出来るのが
#14番、5月~6月の盛期には#12番と言った感じでしょうか。

毛ばりには大きく分けて普通毛ばりと逆さ毛ばりがあるようで普通毛ばりは基本
水面、水面直下で使い、逆さ毛ばりは沈めて使うようです。

初めはあちこちに引っ掛けたりして失くすようですので少し多めに用意した方がいいですね。

普通毛ばり

220503_112412.jpg

逆さ毛ばり

220503_112440.jpg






これらの毛ばりやテンカラ用品はn-VISIONさんで販売されています。
良かったら覗いてみてください。
n-VISION



ロッドにライン、ハリスに毛ばり これで一応仕掛けはOKなのですが、
この他にも渓流に入るためには他にも準備するものがあります。

ウェーダーにタモ、魚籠にフッシングベルトなど他小道具などが必要です。
次回、ご紹介してゆきたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村


テンカラ釣りランキング

2022-04-29(Fri)

渓流釣り・・・テンカラ

更新もずいぶんとご無沙汰になります。
これまでいろんな釣りをしてきましたが、唯一 渓流釣りというものをしたことが
ありません。

・・・というのも、
近くに渓流と呼ばれるような場所がない、現地に行くのが面倒、朝早く起きるの苦手、
蛇が嫌い、ヤマヒルが怖い、装備が面倒・・・などなど。。

しかしながら、テンカラと言う毛ばりを使った日本古来の釣り、とてもシンプルな釣りに
興味をそそられると、やっぱり一度やってみたくなってしまいます。

アマゴにイワナ 一度会ってみたいものです。
0440429.jpg
0440429B.jpg

こうなると、、、
結局のところ道具を揃えてしまうのが悪い癖。



次回、渓流釣り、テンカラの道具などをご紹介したいと思います。



渓流釣りランキング


テンカラ釣りランキング

2021-07-23(Fri)

軽カゴ釣り 霞埠頭運河☆初 ギマ

前回の初クロダイ☆に味を占め、霞埠頭運河へ軽カゴ釣りに行ってきました。

で・・・
今回は今までに見たことも無い魚、後で調べたら”ギマ”と言う魚なんですが
初めて釣れました。

いろんな魚がいるもんですね~。

210722_110643.jpg


コマセは、オキアミのスライスしたものにチヌパワー、細引きサナギ、
釣りムギ少々を軽く混ぜたもの。

210722_110942.jpg


喰わせ餌は、生オキアミとボイルオキアミです。

210722_110949.jpg


タナで一発放出するように、ロケットカゴを改造して使っています。
ロケットカゴは2個要りで250円くらいですので、失敗しても大きく
懐も傷まず手軽に改造したりして楽しめます。

210722_111032.jpg


タナに落ちてくまでは水圧によってカゴが開くことはなく、
タナに到着するとお尻のオモリの重さによってカゴが開いて
コマセを一発で放出します。

210722_111049.jpg



出来るだけ同じところに投げて、底にコマセを少しずつ留めて
魚を寄せて釣るようなイメージで釣っています。

ウキダンゴ(紀州釣り)でもいいのですが、ダンゴのコマセにお金が掛かる、
手や竿、リールが汚れる、ダンゴの水分量や握り加減によって割れる時間
を調整するのが難しい、、、。
なんと言っても毎回ダンゴを握るのが面倒なのです。


軽カゴは、コマセも少量で済みますし片付けや掃除も楽、コマセが余ったら
袋のまま冷蔵庫に入れておけば、少しの期間であればまた使うことも出来ます。

ちょこっとの時間があったら釣りがしたい、、、
そんな私にはちょうどいいのかもしれませんね。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村


海釣りランキング


プロフィール

togejizou

Author:togejizou
お孫ちゃん

最新記事
最新コメント
お気に入りリンク
ダンベルで筋トレ&ダイエット
自転車ダイエッターがゆく ☆-(´>ω・`)b
筋トレラボ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
346位
アクセスランキングを見る>>
渓流釣り
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
テンカラ
にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村
渓流釣り

渓流釣りランキング
テンカラ

テンカラ釣りランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

京都美山高等学校 情報教員ブログ

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
QRコード
QR